今までで印象に残っている嫌な客

 名前はあかりです。
 最初にどうしてチャットレディーをはじめたかといいますと、きっかけは、お昼間の派遣のお仕事だけでは貯金はおろか、家賃を払ってしまうと、なかなか好きなブランドなどの欲しいものが買えないような本当にギリギリの生活をしていたからです。
 チャットレディー歴は、1年ちょっとですが、常連さんも増えてきて毎日充実しているので、はじめてよかったなと実感しています。貯金することもできていますし、今では好きなブランドの物も買えるようになったので、本当に生活面では助かっています。
 最近では常連さんばかりとチャットする時間が増えたため、嫌なお客さんと接する機会もありがたいことに減ってきましたが、はじめのうちは不快な思いもたくさんしました。
 まず、1人目ですが、若い社長さんだったのですが、いつも態度がデカく、わたしがチャットレディーという職業だからなのか、女を馬鹿にしたような言動を繰り返す人がいました。
 お前、馬鹿か?みたいな感じで、いつも罵っては楽しんでいるようでした。結局、絶えきれず、一度密かにキックしたところ、次から来なくなりました。
 チャットレディーだって一生懸命お仕事していますので、やっぱりそういうことを平気で言われると悲しくなりますから、やめて欲しいです。
 2人目は、お尻の穴をやたらにアップで見たがる人です。これはアダルトな要求ではありますが、しょうがないことだとは思いましたので、キックはしませんでした。
 しかし、お尻の穴を広げすぎたりして、見えてはいけないような所がいっしょに見えてないかはずっと心配でした。カメラに向かって背を向けてしまう状態なので、確認できないので怒られないか気が気じゃありませんでした。
 ある程度の要求にはお答えしますが、やはり無茶な要求は今後のお仕事にさしさわりますので、本当に勘弁して欲しいです。
 今まで印象に残っている人は2人ですが、チャットレディーをやっていて、本当にたくさんの男性と接する機会があり、毎日勉強させてもらっています。今ではこういった嫌なお客様にもしっかり対応できるようになりました。

Author: 管理人