カテゴリー
きつかったお客さん列伝

もうほっといてよ!ダメ出しおじさん

ペンネームみほ チャットレディ歴半年の新人。結婚して一年、旦那の稼ぎだけじゃ少ないし、なんだか刺激が足りない毎日だったので、チャットレディを始めました。

 私はチャットレディを始めてから半年が経ち、サイトのマイページも着飾り、連絡をくれる方にもある程度スムーズに連絡がとれるようになってきました。お得意さんというか固定ファンもつき、自信もついてきた頃、私に連絡してきた一人のおじさんがいました。
 仮にAさんとしましょう。Aさんは始め、「君、とっても素敵だね。もっと写真が見たいな」とメッセージをくれました。新規のファン獲得か?と思った私は、「連絡ありがとうございます。良かったらビデオ電話しませんか?」と返事をしました。メッセージのやり取りよりもビデオ電話の方が儲かるからです。するとAさんは、すぐに承諾し、ビデオ電話をすることになりました。
 私は人妻というのもあり、顔は過剰に化粧をし、あまり素敵とはいえないかもしれない容姿ですが絶対に私とわからないようにしてます。彼はそれが気に入らないようでした。
 電話をするなり、「もしもし?みほちゃん?うっわ、つけまつげつけすぎじゃない?www」「髪の毛ちゃんととかしてる?」「もしかして登録年齢サバよんでるの?」など、こちらにダメ出ししまくてくるではありませんか。
 すぐに運営に通報してAさんと連絡を絶つという選択肢もありました。しかし私はお金の欲しさからそれをしなかったのです。すると、こちらがあまり喋っていないのに、バンバン会話を続けて来ました。
 「なんなのそのセーター。普通下着姿とかで電話するでしょ。意識低いなあ。」「そうだ、今ここでストリップしてよ。そんで、自分でシて。」などなど。
※過剰なサービスはアカバンの危険性があります。詳しくはアカバンってご存知ですか?を参考にしてください。
 もちろんエッチなことを要求するお客さんがほとんどですけど、それでもAさんの言い方はほかの人とは違ってました。なんだか、ダメ出しをされている感じ。あんたは私のプロデューサーかなにかなの?と思ってしまいました。とてもイラっとしました。もう二度とAさんとは電話しません。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

自称社長40代男性のKさん、過剰な赤ちゃんプレイとストーカー行為!即通報!

ペンネーム:こるく
チャットレディ歴:1年

働いて2ヶ月ほど、チャットレディにも慣れてきたかな、という時期に出会ってしまった最悪なお客さんです。

自称社長40代男性のKさん。ストーカー気質で粘着しまくる恐ろしいお客様だとは最初は気づかず・・・。

一回目は音声だけの通話をご希望だったので、少し雑談した後えっちな行為が始まりました。

普通に話している時はしっかりとした口調で、さすが自称社長さんだなという感じだったのですが、行為が始まると途端に赤ちゃん言葉に。

「ママって呼んでもい~い?」「バブたん、頭よちよちされたいよぉっ」「ミルク、ミルク」など。

正直ゾッとします。そりゃそうでしょう。街中で見るきちんとスーツを着たおじさんも、もしかしたら幼児ごっこをしているのかもと思ったら吐きそうです。

それでもお仕事ですから、ママになりきって対応しましたよ。次第にビデオ通話を求めてくるようになったので、仕方なくビデオ通話に移行しました。

ビデオ通話のほうが稼げるので、私もお得っちゃお得なのですが、このお客様に関しては少し警戒していました。

だって日に日に要求がエスカレートしていくんですもん。もちろん幼児ごっこ、赤ちゃんプレイの内容がです。

時には「授乳してほしい」と駄々をこね、最初は「はい、ど~ぞ」とあしらっていたのですが、「本当に欲しいんだよ!郵送で送って!!」などと言い始めたのです。

いやいや、もちろん私、ミルクでません。子供いないので。

まさか本気で言ってるわけ無いと思ってあしらい続けたのですが、「送ってくれないなら死ぬ!」などと泣き始めるのです。

それでもなんとかなだめ、通話を終了させる、というのを繰り返していました。そんなことが続いてからの、はじめてのビデオ通話ですから、本当に気が重かったです。

そして、いざビデオ通話を。最初は”自称社長40代男性のKさん”として会話をしますが、いつも通り徐々に赤ちゃんへと変貌・・。

話しが通じなくなってきます。そして、これまたいつも通りの「ミルクを郵送で送って」攻撃が始まりました。

「出ないんだよ」と言うと「どうして?僕を産んだんだから、でるでしょ?」と。面倒になって、「わかったわかった、今度ね」と言うと、まさかの逆ギレ!

「・・・お前のこと、探偵に調べてもらってるからそのうちすぐ居場所がわかるぞ。今、顔もデジタルカメラで撮ったから、わかるからな。ちなみにデータ解析でおまえがどこにいるかも調べてもらっている。ブロックしたりすれば、恐ろしいことになるからな」と・・。

私は顔だししてお仕事をしているのでリスクがあることは重々承知していましたが、さすがに気味が悪くなってブロック&通報しました。

本当に気持ちの悪いおじさんでした。

ちなみに住んでいる場所がばれたりはしていません。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

そりゃあ、話は聞くけどさ……

とあるリピーターさんにまつわる愚痴です。

その方は社会的な地位があるとのことで、あらゆるプロフィールが未入力。プロフィール写真も無し。お名前だけが少し覚えやすいような。なんとなくの自己顕示欲を感じる方でした。

当時の私はチャットサイトをいくつか掛け持ちしていたのですが、その全てのサイトで私を見つけ出し、そして長い時間、相手はチャット、わたしは声での対応、という形で……

しかし感覚と致しましては、拘束、されます。

そして2時間から3時間と、課金性のチャットとしてはかなりの長時間、彼が自分はとても恐ろしい変態性の持ち主で、激しいサディストであるということ、会員制のバーに出入りしているということ、数時間前にはこんな女性にあんな調教を施したということ――

ありとあらゆる変態プレイについて、チャット(男性)VS口頭(私)で話し合う、いや、どちらかというとひたすら相槌を打ち続ける、いや、リアクション芸を強要されるのです……

一見してラクな太い客じゃないのって思うかもしれません。
わたしも最初は適当にあしらっていればいい、ラクな客だと思っていました。チャットに来てくれることを待ち望んでる時期もありました。

でもね、何ヶ月と話を聞き続けていると、わかってくるんです。
これは誰にも言えない秘密を傾聴する仕事、もしくは傾聴させるプレイではなく、すべてはこの男性の妄想、夢物語であり、聞けば聞くほど、つまんない内容だってことに……

とはいえ、現実的な話であろうと、嘘八百のデタラメであろうと、パフォーマーのすることは同じです。しかし、相手がチャット連投の男性の場合、こちらは顔面や奇声でのリアクションが大変なのです。その内容がしょーもなければしょーもないほどに。

テレビに出ている芸能人って改めてすごい、って感じたりもしました。しょーもない食レポを見ながら、一生懸命に表情をつくる、ワイプの中のタレントさんの気分。相手のタイピングを待っている間は含み笑い、文字が現れると迫真の演技で驚いたり、笑ったり、とにかく文面似合った表情を見せてあげなければいけない!

そのお客様のリピート率は本当に異常なレベルだったのですが、たくさん稼がせていただきました。でも、なんだかもうちょっと多めにチップもらってもいいんじゃない?って思うお客様でした。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

会いたいとしつこい単身赴任男性H。断ったら態度豹変。

チャットレディ歴半年のアミと申します。

チャットレディとチャットするサイトでは、良心的な優良企業が運営しているものには「非出会い系」とちゃんと書かれています。

つまり、男性側も、相手女性は在宅ホステスみたいなもので、会話なりちょっとエッチな画像を楽しんだり、そういうものだと思って利用すべきで、会うのを禁じているのサイトの方針ですから、詐欺でも何でもないんですよね。

それなのに、規約をよく見ず「会える」と思ってる人、結構いるんです。

私はそういう勘違いのお客様に一番最初に当たってしまいました。最初は親切で、逆にこちらにポイントをプレゼントしてくれたり、羽振りはいいんですよ。

でも、話すうちに具体的にいつ暇?○○で待ち合わせしない?など言ってくるわけです。

こちらは返信数を稼ぎたいので、「実際あったことあるんですか?」とか話をうまくかわすんですが、「うん、皆結構会ってるみたいだし、俺も何人か会ってるよ」と言ってきます。

皆会ってるみたいって、男性会員同士の横の連携はできないはずなので、適当に言ってるんだと思います。
男女とも他のサイトに誘導したりした事が発覚した時点で退会なので、稼ぐ場を失いかねない行為はこちらはしたくないわけです。

しかし相手は、「呪文」などごまかす形でメアドを送ってきたリ、結構必死なんです。

あまり引き延ばすのも悪いかと思い、「利用規約で会えないことになってるので、私も退会になりたくないんですみません」と、できる限り丁重にお断りしました。

そしたら「なんだよ!会うくらいいいでしょ?会う気のない人にポイント使う気ないから!」と即ブロックされました。

運営サイトには「なぜ決まりを守って会話している側がブロックされたり謝らなきゃいけないんですか?ここを利用している男性は、会わずに楽しむサイトという趣旨を分かって利用してるんですか?」と問い合わせました。

回答は、「勘違いしている人も多いが、あまり強く注意出来ないのが現状なのでうまくかわしてほしい」とのこと・・・。
投資している人間を邪険にもできないということでしょうか。

一度退会して再入会した男性のコメントを見ていると、やはり会おうとして退会処分になるなど、それなりにサイトも取り締まってはいるようですが。

結局会えないと分かったとたんにチャットを止めちゃう男性も多く、あまり稼げないのが実態です。
商売で会話しているから不倫にだってならなくて済むのに、わかってないんですよね。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

今までで印象に残っている嫌な客

 名前はあかりです。
 最初にどうしてチャットレディーをはじめたかといいますと、きっかけは、お昼間の派遣のお仕事だけでは貯金はおろか、家賃を払ってしまうと、なかなか好きなブランドなどの欲しいものが買えないような本当にギリギリの生活をしていたからです。
 チャットレディー歴は、1年ちょっとですが、常連さんも増えてきて毎日充実しているので、はじめてよかったなと実感しています。貯金することもできていますし、今では好きなブランドの物も買えるようになったので、本当に生活面では助かっています。
 最近では常連さんばかりとチャットする時間が増えたため、嫌なお客さんと接する機会もありがたいことに減ってきましたが、はじめのうちは不快な思いもたくさんしました。
 まず、1人目ですが、若い社長さんだったのですが、いつも態度がデカく、わたしがチャットレディーという職業だからなのか、女を馬鹿にしたような言動を繰り返す人がいました。
 お前、馬鹿か?みたいな感じで、いつも罵っては楽しんでいるようでした。結局、絶えきれず、一度密かにキックしたところ、次から来なくなりました。
 チャットレディーだって一生懸命お仕事していますので、やっぱりそういうことを平気で言われると悲しくなりますから、やめて欲しいです。
 2人目は、お尻の穴をやたらにアップで見たがる人です。これはアダルトな要求ではありますが、しょうがないことだとは思いましたので、キックはしませんでした。
 しかし、お尻の穴を広げすぎたりして、見えてはいけないような所がいっしょに見えてないかはずっと心配でした。カメラに向かって背を向けてしまう状態なので、確認できないので怒られないか気が気じゃありませんでした。
 ある程度の要求にはお答えしますが、やはり無茶な要求は今後のお仕事にさしさわりますので、本当に勘弁して欲しいです。
 今まで印象に残っている人は2人ですが、チャットレディーをやっていて、本当にたくさんの男性と接する機会があり、毎日勉強させてもらっています。今ではこういった嫌なお客様にもしっかり対応できるようになりました。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

舌を見せて!罵ってほしい!おじさん

私はノンアダルトカテゴリーのチャットレディをしていました。
同じサイト内にアダルトのチャットレディもいるので、「パンツ見せてー」「おっぱい揉んで~」「自分の見てほしい」という気持ちの悪いおじさんもしょっちゅうきます。

その中で非常に気持ち悪かったのが、舌を見せながら罵って欲しいおじさんです。舌を見せることは、アダルトな行為ではないので、できるのですが、「もっと舌出して」と言われると、とても気持ち悪かったです。

さらに、そのおじさんは「このカス!」「気持ち悪い!」「お前は汚い!」と罵って欲しい、と言うのです。ええー・・・気持ち悪いなぁ・・・と思いましたが、本人に向かって気持ち悪いと言えば喜ぶので、なんとも言えない気持ちになりました。本人に気持ち悪い!と言えるのですが、こちらのストレス発散にはならないのです(笑

ちなみに、その罵って欲しいおじさんは、その後3日に一度くらいチャットに訪れていて、5回くらい罵ったと思います。気持ち悪いと思いつつも、アダルトなことを要求されることはなかったので、毎回対応していました。

来たときは毎回罵って欲しいと言います。そして、どこで覚えてくるのか、たまに罵るときのセリフをこう言って罵って欲しい!と注文してくるのです。ぺろぺろ舌動かしてみて、はい、ぺろぺろーと言うのも、毎回一緒で、気持ち悪いし、毎回何がおもしろいんだろう?と少しイライラもしていましたが、お金のためと思って我慢していました。

罵っておじさんは、罵られると「はあ、かわいい」「もっと悪口言って」「ひどく罵って」と言ってきます。正直、意味が分からないし、ひどく罵ってと言われても、顔も何も知らないおじさんを何と罵っていいか分からず、なかなか困りました。

チャットレディをやっていて、罵って欲しいと言ってきたのは、そのおじさんだけですが、何を考えているか分からないため、本当に気持ち悪く、対応にも困りました。とりあえず、罵り方のバリエーションは増えたかもしれません。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

わたしは下半身評論家じゃなーい!

ノンアダ、アダルト、その中間。色んなサイトがありますが、どこにでも湧くんです………

アソコを見て欲しいって男たち!
しかも「アソコについてダメ出しして欲しい」なんて、具体的なリクエスト付き!

これ、絶対にセットなんですよね。巨根自慢したい人は何故だか居ないんですよね。

チャットレディをしていた期間はそう長くはないのですが、それでもまあ、何十本と見せられてきましたよ。NGって言っても見せてくるんですよ。そして「ダメち●こ、って意地悪なこと言ってください」とかね、言われたいセリフも大体一緒~。それって、こっちの感想じゃないんですけど~。

総じて、そういった男性はマゾヒストの中でも、マゾな自分に酔っている、真性のマゾというよりはマザコン気質で奴隷気分を味わいたいだけの人が多く、確かに「赤ちゃんのおちんちんみたい!」って人もいるんですが、こちらからすると、「どこをどうバカにすればいいんだろ?」って人も大勢居るんですよね。あれっ、普通の仮性包茎じゃない?って具合に………

わたしは見た目よりも、少しキツめの、いわゆるS女っぽい声色がウケるタイプのチャトレだったので、勝手にそういった趣味を持った女性だと思われがちだったこともあって、本当にこのテのお客さんは面倒でした。あんまり文句を言うポイントの無い人に限って、リピーターになっちゃったりするんですよね。ボキャブラリーセンスは問われますが、単純作業なので、ありがたくもあるんですけど。ダメ出しされたいなら全パフォーマーさんに聞いておいでよ!って話なんですが、案外わかりやすくSっぽい方って在籍されてないみたいです。

これからチャトレに挑戦しようって方へ、ああいう場所に来る人ってマゾヒストぶった奴が多いから、敢えて女王様キャラを演じてみるのもいいかも、ってアドバイスを送ります!
但し、リピーターの扱いはめんどくさいですよ!わたしの場合、カメラから見えない位置に暴言をいっぱい書いたカンペとか置く、とかやってました!

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

優しい仮面をした変態クソおやじ。気持ち悪かったから本当の事を教えてあげた。

はむたんと申します。
チャットレディは半年やっていました。
私がチャットレディを始めたのは、他の女の人もそうだと思いますが、お小遣い稼ぎです。そこでチャットレディをしている知り合いに安全なサイトを聞いて登録してみました。男性の方とやりとりをしないと報酬がもらえないので、私は男性のプロフィールを読んで、人が良さそうな方や、返信してくれそうな方に端からメッセージを送りました。すると、1人の男性から返信がきました。その男性は40代後半でとても優しそうで、猫を飼ってるということで、第一印象はとても良かったです。
しかしこのおじさんがは変態クソおやじだったんです!
最初は雑談や飼ってる猫の写真を送りあったりしていました。いい人そうでよかった~なんて思っていた時に、いきなり下半身写真が送られてきたのです。私は戸惑っていたら「どう??」なんて聞いてきて、どうって聞かれても気持ち悪いしかでてこないわ!と内心思いましたが私はお金のために我慢して、なんとかその場をやり過ごしました。しかし、それから毎日自分の下半身の写真を送ってくるようになり、だんだん悪化してきたのです。ビデオチャットで自慰行為を見てほしいとか、私の自慰行為も見たいので一緒にしようなど、とてもしつこく催促してくるようになりました。私は顔出しをしていなかったので「顔がうつると恥ずかしいから…」や「そういうのやったことないから恥ずかしい」などなんとか理由をつけて断っていました。しかし相手は「大丈夫だよ!きっと可愛いもん!」や「教えてあげるから!」など無理矢理強要してこようとするのです。なのでハッキリ言って、この人とはもうチャットしないようにしようと決めました。私は「そういう下品な写真を送ってこないでください。不愉快です。」と送りました。すると相手の男性が「本当はど淫乱なくせに純情ぶってんじゃねぇよブス!」との返信が…。さすがの私もプッチンときたので、
「ごめんね~!私ど淫乱だからそんな糞チンじゃ全然興奮しない~!よくそんなに小さいのに人に見せられるね!すごーい!自分のチ●コと顔の方がおブスだから鏡みてから出直してね~バイバーイ!」と言ってキックしてやりました。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

チャットレディ体験記

はじめまして。
チャットレディ歴三ヶ月のレイナと申します。
私は現在学生で、チャットレディを始めるまでは、居酒屋さんでのアルバイトと短期で引っ越し屋さんのアルバイトもしていました。
学校がある以上、限られた時間でたくさん稼ぐには居酒屋さんと引っ越しのバイトの時給は魅力的だったのです。
しかし、どちらもかなり力仕事で疲労感もすごく、バイトで疲れて学校を休んでしまったこともあり…。

そんなときでした。
仲の良いY子が、最近新しい洋服や、化粧品を買っているのを見かけ、いいなー!親に買ってもらったんでしょー?とちょっと意地悪な言い方をしてみたら、その友達が、私が自分で働いたお金だよ!って言うんです。
え!Y子バイトはじめたの?って聞いたら…実はチャットレディはじめたって。

私はびっくり!チャットレディって聞いたことはあったけど…。
危なくない?ってY子に聞いたら、Y子はおじさんと世間話するだけだって!と大笑いしました。
そうなの?なんかやらしいイメージあったけど、それなら私もできるかも!と早速その日、Y子のチャットレディのバイトについていき、私も仕事を紹介してもらいました。

その日、私は3人とチャットしました。
彼氏はいるの?とかは色々聞かれたけど、変な人はとくにいなくて、ラッキー!って感じでした。
そのあとからはもうY子がいない日でも私はチャットレディとして働くようになりました。

そんなある日、はじめてチャットに変な人が現れたんです。
私はもちろんノンアダルトのチャットレディをしていたのですが、その方はいきなり服を脱ぎはじめたんです!
しかも着替えるだけだからさ~などと謎の言い訳をはじめたんです。
着替えもしちゃだめなの?と言われ…
私はチャットレディをはじめたばかりだから、よくわからなくて。
見ないようにしますねと伝えて着替えてもらいました。
でもなんだか気持ち悪いんです。ニヤニヤしてるし、私が困っているのを見て楽しんでいるかんじ。
そのあとも、着替えるのいやだったの?見たくなかった?などとなんだか気持ち悪い発言ばかり。

なるほど。チャットレディはこういうこともあるんだなぁと少しこの仕事をはじめたことに反省しました。
今回はこの程度で済んだけど、もっと変な人が現れたらどうしようと落ち込んでしまいました。

Y子にその話をすると、大笑いでそんなの普通だよと言ってました。
え!よくあることなの?とさらに怖くなりました。

今日もこれからチャットレディの仕事に行きますが、憂鬱です。

カテゴリー
きつかったお客さん列伝

勘違い男三人衆のお話し

ペンネーム:いちか
チャットレディー歴:3カ月

主にメールレディとして、アダルトありで始めました。初めはあまり見てくれる方がいなかったので、結構露出度の高い写メをアップしたり、テレビ電話をしていました。

その中で一番仲良くなったのが学生のTくんです。
彼は非常にまじめな学生さんだったんですが、仲良くしてから一か月たったころから、彼氏面するようになりました。

もちろんプライベートな連絡はとっておらず、サイト上だけのやりとりですが、頻繁に連絡が来るようになり、ストーカー気味た内容にエスカレートしていきました。

「いつ会ってくれるのか」「いまどこにいるのか」「他のお客さんとの連絡をやめてほしい」等。連絡を拒否していると、Tくんのブログに私の中傷を書き込まれたりもしました。

運営の方に連絡をとって、退会していただきましたが、ライブチャットにのめりこみすぎてるお客さんは本当に迷惑です。

二人目は、変態でSな事象経営者Cさん。
アダルト強めの要望が多く、困っていました。サイト上では局部の写真・テレビ通話を禁止していたのですが、執拗に要求してきて、困ってしまいました。

アップして運営に注意されるのは私なので迷惑でした。しかも、要求してくるだけして、なんの感想も言ってこないので、むかついていました。

他の方は、「かわいいね」「エッチだね」等こっちも見せて気分が良くなるようにしてくれる方が多いのですが、Sなことをはき違えているのか、常に命令口調で見せてくれるのが当たり前の態度をとられ、不愉快極まりない方でした。

三人目は、会社員Mさん。
ポエマーで、ブログに通話した子との感想を事細かに記録している変わった方。

私は露出度の高い写真をあげたブログをアップしていたので、この方から謎な心配メールがよく届いていました。「できる限り僕だけに見せてほしい」「他の人に見せたくないんだ」「僕だけの君でいてほしい」等としょっちゅうメールがきたり、彼のブログで私が紹介されたりしていました。

単にすごく気持ち悪かったですね。