30歳女性が介護職となったが腰を痛めてしまった

私が介護の仕事をしていったのは3、30歳の時です。
そのときは、出産をして以前の会社に戻ることを検討したのですが残業が多いので、やめることにしました。
そこで次の職場として、以前から興味を持っていた介護職をすることにしました。
介護の場合は、資格がなくても働けるところがいいですね。
そのため、ディサービスで働くことになりました。
そしてそこで働きながら、少しづつ介護の資格を取得したいと思うようになりました。
介護の資格を取ることによりお給料も違うのです。
やっぱりお給料は高いほうがいいですね。
子供も生まれた事だし、資格をとり本格的にすることを目指すようになったのです。
また働いていると、いろいろなことに付いて悩むこともあります。
全く知識がない場合は、指導を受けることが多くそのことでストレスを受けることが多くなったからです。
もっと自分から動けるようにと、ますます資格を目指すようになりました。
ところが、介護の仕事はかなり身体的にきついことも知ることになりました。
体力には自信があったのでなんとかなるだろうと思っているところがあったんですね。
しかしそれが違うことで悩むことになったのです。
それは腰痛です。
お年寄りを抱えたりすることにより、腰の痛みがますようになったのです。
シップなどで様子を見ていたのですが、ついにどうしようもなく痛くなり、休むことになりました。
その後は診察を受けた結果、椎間板ヘルニアと診断をされて、介護職をすることができなくなったのです。
安静にすることが大切となり、日常生活はできるのですが、負担が掛かってしまうことはできなくなりました。
それでも介護職を諦めることができずに、一度復帰をしたのですがやっぱり腰が痛くなりやめてしまいました。
腰が痛くならないように、もっと気をつけて仕事をすべきであったと後悔をしています。
介護職は、腰痛になることが多いらしいのでその点をしっかり考えて就職をすることが大切と感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました